白鳥幼稚園 〒357-0023 埼玉県飯能市岩沢1129 
TEL:042-974-2341 FAX:042-974-2328 

白鳥保育園 〒357-0023 埼玉県飯能市岩沢1129 
TEL・FAX:042-974-5554  
 
top
白鳥幼稚園案内
一日の流れ
年間行事
課外活動
喜びの声
入園のご案内
未就園児教室ナーサリィ
子育て支援
ふぉとあるばむ
New施設紹介
白鳥農園
白鳥保育園

しらとり日記 ナーサリィの1日

 

子育て支援情報

未就園児のお子様をもつお母さんへ

ここをクリック

 

 

お問合せ  keiteki_siratori@ybb.ne.jp

施設紹介

幼稚園に保育園も併設しており、同じ敷地内で乳児から年長さんまで仲良く過ごしています。

施設見取り図

緑の衣大作戦

7月7日 幼稚園のお友達で朝顔、ひょうたん、
さつまいもの苗
を植えました。

幼稚園の強い西日に当たってすくすくと育って、
自然の緑陰『緑の衣』ができます。

このやわらかい緑陰の中で、苗の成長を支えながら、
子ども達も共にグングンと成長していきます。

『緑の衣』はテラスや室内の温度を下げ、
エアコンの省エネ化やヒートアイランド、地球温暖化に対する
取り組みとして、埼玉県で奨励されている活動です。

  ★白鳥幼稚園は緑の衣作戦のモニターになりました
  『緑の衣作戦』(埼玉県 気候温暖化対応農業プロジェクト) 詳細はこちら

  


《緑の衣作戦 成長の記録》


(1)7月5日
バスの運転手の先生にネットを張る準備をしていただきました

(2)7月7日
幼稚園のお友達であさがお、ひょうたん、さつまいもを植えました

(3)7月7日
みんな真剣。きれいに植えることができました

(4)7月7日
みんなで大きくなるようにお祈りしました

(5)7月16日
水をさつまいもにあげる年長さんの子ども達

(6)7月16日
年少さんもあさがおに水をあげています

(7)7月11日
どのくらい様子が変わるかご覧頂きましょう
2階のひょうたんの様子です


(8)8月1日
かなり成長して、緑陰が出来ています。
何もしていない部屋より1.5度ほど気温が
低い
です


(9)7月25日
あさがおにきれいな花が咲き出しています

(10)7月25日
こちらは赤紫色のあさがお。花がとても大きいです

(11)7月31日
こちらは青紫色のあさがお。薄い水色の模様が入り、幻想的な感じがします

(12)8月11日
2階のひょうたんが実をつけ始めました
小さくてかわいいです

(12)9月2日
園舎の全面が覆われてきました。午後になると暑かったテラスも裸足で歩いても暑くないです



(13)9月2日
2階の緑陰の様子。テラスに無数の葉陰が出来ています。ちなみに手前はさつまいも。
さつまいももときどき縛れば、このとおり、上に伸びていきます。ビックリ!!

(14)9月2日
緑陰の中、砂場への水を運びに来た子ども達


(15)9月2日
緑陰の中、降園する子ども達。確かに涼しそうです。


(16)10月1日
1階を日陰にしてくれていたさつまいもを収穫しました。細かい根がプランター一面に張っていて、意外に掘るのに手間取りました。


(17)10月1日
さつまいもを手に、にっこりの年長さん。




(18)10月1日
これが緑の衣作戦で獲れた。
大きいものは20センチぐらいあり、予想以上のできで、驚きでした!


(19)10月1日
あれだけ茂っていたひょうたんも葉が枯れて、かわいいひょうたんができました。
はさみを使って、子ども達が収穫しました。


(20)10月7日
収穫したひょうたんを手にしてにっこりの年長さん。


(21)10月7日
水道で預かり保育に参加していたお友達に
ひょうたんを洗ってもらいました。

(22)10月7日
洗ってきれいになったひょうたん。4〜12センチぐらいのさまざまな形をしたひょうたんが40個ほど獲れました。


(23)10月8日
ひょうたんを水につけて中を溶かし始めました。はたして、何ができるのでしょうか?

(24)10月10日 
この日は年少・年中さんがさつまいもを収穫しました。大喜びで掘れたものを見せてくれましたが、彼が持っているものはただの根っこでした(笑)

(25)10月10日
この日獲れたさつまいもを観察する子ども達。前回獲ったものより熟成されて、大きいものが多かったです。


(26)10月16日
こちらは『緑の衣作戦』でつくったスイートポテトです。

(27)10月16日
試食をする子ども達。おいしくて喜んで食べていました。

(28)10月16日
スイートポテトを作ってくれた事務室の先生方にお礼を言いに来た年長さん。毎日の園生活の中で自然とお礼の言葉が出るようになります。


(29)10月28日
ひょうたんを水につけ、2〜3週間すると、皮がむけてきます。先端に針金で穴を開けると、中身と種が簡単に取れるようになります。


(30)10月28日
水につけて腐ってしまうものもありますが、うまく皮がむけ、中身が出せたひょうたんはこうして干します。  

(31)11月7日
ひょうたんの表面はつるつるに中身はなくなって、空洞になっています。とても軽く、形や大きさは様々で面白いです。


(32)11月10日
ひょうたんの穴の中に小石を入れます。
この小石はバスの先生が探してくれました。


(33)11月10日
同じく小石を入れているところ。おしゃべりもせずとても集中しています。

(34)11月10日 
小石を入れたあとはボンドを穴の内側に塗り、穴をふさぐように棒を挿します。

(35)11月10日
外側も同じようにボンドでふさぎます。
もう何を作っているか分かりますね。


(37)11月10日
ひょうたんを使ったマラカスが出来ました。大きさや形も様々です。


(38)11月11日
今日は絵の具を用意しました。



(39)11月11日
色を塗り始めるとひょうたんの表面がすべすべにんなって、とてもきれいです。


(40)11月11日
年長さんになると丸くて塗りづらいひょうたんも絵の具をこぼさずに上手に塗れますね。


(41)11月11日
お部屋の後ろで一晩乾燥させます。



(42)11月12日
翌日、目や口を描き入れて、できあがりです。


(43)11月12日
大きさ、形、色、また不思議なことに音も一つ一つ違うひょうたんマラカス の完成です。

(44)11月16日
クラフトフェスタでひょうたんマラカスが展示されました。