白鳥幼稚園 〒357-0023 埼玉県飯能市岩沢1129 
TEL:042-974-2341 FAX:042-974-2328 

白鳥保育園 〒357-0023 埼玉県飯能市岩沢1129 
TEL・FAX:042-974-5554  
 
top
白鳥幼稚園案内
一日の流れ
年間行事
課外活動
喜びの声
入園のご案内
未就園児教室ナーサリィ
子育て支援
ふぉとあるばむ
New施設紹介
白鳥農園
白鳥保育園

しらとり日記 ナーサリィの1日

 

子育て支援情報

未就園児のお子様をもつお母さんへ

ここをクリック

 

 

お問合せ  keiteki_siratori@ybb.ne.jp


白鳥農園収穫の記録

4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月

4月

                     4月26日・30日 三東白菜種まき 

今年度初めての農園活動。26日に年長さん、30日に年中さんが種まきに出かけました。
6月には収穫して、試食する予定です。

  農園へ出かける前に、元気に園にいる子ども達にあいさつ。とても気持ちが良いですね。  
  三東白菜の種を観察する年長さん。
その小ささにびっくりしていました。
 

  種まきをしたときに種だけが偏らないように、砂と種を混ぜたものを子ども達に配りました。年中さんのお友達、配られると種がどこにあるのか、真剣に探していました。  
  年少さんだった頃よりも、手先が器用になって、偏らずに上手に種まきができました。
 

  種まきの後、先生が水をまくと「嵐が来た〜」と大喜び。子ども達の発想の豊かさには、思わず笑ってしまいます。  
  恒例のお祈り。一生懸命、念を送る年長さん。
 

 

以前植えたたまねぎじゃがいもがどんな風に育っているのか抜いてみました。苗や種芋からどんなふうに芽や根が出ているのか興味津々の様子で見る年長さん。

 
  麦の成長ぶりを観察する年中さん。3月に行ったじゃがいも植えのときよりも麦が伸びているのを不思議そうに見ていました。
 

  4日前に蒔いた年長さんの三東白菜の芽が出ていました。まだ、3〜4ミリぐらいで、とても小さいです。  
 


「どれが芽かわかるかな?」と質問すると、最初は雑草の芽をさしていた子も。三東白菜と雑草の芽の形の違いを伝えると、「あ、これだ!」と、歓声をあげていました。

 

 
  畑を担当するバスの先生へ、あいさつする年中さん。お世話になったお礼を言われて、バスの先生もニコニコです。  
 

 

ページトップへ

5月

 

ページトップへ

6月

  イエローポップの種まき
『本当にポップコーンができるかなぁ?』
 
  jじゃがいもの収穫
『小さなじゃがいももにがさないぞー』
 

  じゃがいもの収穫
『こんなにたくさんのじゃがいもがとれたぁ』
 
  きゅうりの苗植え
『こうやるんだよ。  よく見ててね 』
 

  麦の脱穀
『これが脱穀機かぁ。大きいなぁ 』
 
  麦の脱穀
『ガガーっとすごい音がする。 』
『大丈夫だよ こわくないよ』(先生)
 

ページトップへ

7月

 

ページトップへ

8月

                     8月26日 イエローポップ収穫

この日は、夏休みですが夏期保育で登園しました。年中さんが5月に植えた
イエローポップ(ポップコーン用のトウモロコシ)が成熟して、収穫の時期を迎えました。収穫したイエローポップは乾燥させ、子ども達の手で粒にして、ポップコーンにして頂く予定です。


  畑に到着して出迎えてくれたのは、立ち枯れて成熟したイエローポップ
 
  本当にこんなに枯れてしまったところに、実がついているのでしょうか?先生がもぎ取り方を説明すると、真剣なまなざしで見ていました。  
  皮を剥くと、きれいなイエローポップが顔を出しました。子ども達はすこしビックリ!  
  先生の「どうぞ始めて下さい」の合図で収穫開始。  
  意外にもぎ取るのには力が必要で手間取りました。でも、どの子も1本は自分の手で収穫できました。
 
  皮を剥いて観察する年中さん。普通のトウモロコシと違って、粒がカチカチに固いのが特徴です。  
 
  収穫が終わって、自分の手で収穫したイエローポップを片手に、もう片方の手はお友達と手をつないで幼稚園へ。
何とも微笑ましい光景でした。
 
 

 

ページトップへ

9月

                     9月 4日 年少 ブロッコリー苗植え
                            年長 
大根 ニンジン種まき キャベツ苗植え
年少さんはお弁当で定番のブロッコリー、年長さんは12月の芋煮会の材料になる大根 ニンジンの種まきなどを行いました。 


 

畑に向かう子ども達は、「行ってきます」と元気に挨拶します。残っている子ども達や先生方は「いってらしゃい」と送り出します。

 
  担任の先生に『ブロッコリー』の苗の植え方を教わる年少さん。
上手に植えられるかな?
 

  お話を良く聞けて、なかなか上手にできました。  
  植え終わって、大きくなるように皆でお願いしました。  

 

年長さんは12月に行われる芋煮会のための準備です。『にんじんと大根』をこの日はまきました。種を観察して、作物の種類によって種の色や形が違うことなど、たくさんのことを発見していました。

 
  もう、年長さんになると、種まきも手馴れたもの。手を貸さなくても上手にできました。  

  『キャベツ』を植える年長さん。先ほど年少さんが植えた『ブロッコリー』の苗とのわずかな違いに気づく子もいて、こちらがびっくりしました。  
  種まきが終わり、お祈りをする年長さん。お祈りが通じて、芋煮会が盛大にできるといいですね。  

 
  畑を担当していただいているバスの先生にお礼の挨拶をして、園に戻りました。  
 

ページトップへ

10月

                     10月28日 さつまいも掘り 
 
6月に白鳥農園に植えたさつまいもの苗がとっても大きくなりました。全学年で取り組んださつまいも掘りの 様子を ご紹介いたします。


  さつまいも掘ができるように、列に並びます。
早くも、さつまいもを発見しているお友達も…
 
  掘るときの注意事項を聞く子ども達。誰も話もせず、説明をするバスの先生にしっかり目を向けて聞いています。毎日の立腰の成果ですね。素晴らしい!!  

  「よ〜いドン!」の先生の合図で、さつまいも掘りがスタート。
必死で掘り始める子ども達。
 
  さつまいもが獲れて、満点の笑顔!。
なかには ミミズを捕って喜んでいる子もいました。
 

  子ども達の収穫の喜びに先生も笑顔で答えて、喜びを分かち合っています。先生の笑顔を見て、また子ども達も頑張ろうという気持ちが生まれてきます。  
  だんだんさつまいもが集まってきました。
今年は掘り残しがほとんどないほど、きれいに子ども達が掘り尽くしてしまいました。

 

  さつまいも掘りが終わって、9月に植えたブロッコリーを観察する年少さん。大きくなっている姿にビックリ!  
  こちらはキャベツを観察する年長さん。無農薬で育てているので、虫もつきます。小さな虫食い穴を見つけて、喜んでいました。  

  にんじんに生えた雑草を抜く年長さん。雑草が生えていると作物がうまく育たないことを先生から学び、一生懸命にとっていました。
にんじん の葉と間違わずに抜くのは大変です。 さつまいもより苦戦しているようでした。
 
  お世話になったバスの先生にお礼を言う年少さん。
バスの先生も子ども達からのお礼の言葉にニコニコの笑顔になります。

 


ページトップへ

11月

                     11月21日 麦まき(小麦) 

麦まきから始まり、麦踏み、脱穀、すいとん作りと1年を通した活動となっています。麦の種からどんな芽が出るのか、いつ頃麦の穂が出てくるのか、穂の形や色の変化、様々なことを観察して、白鳥農園で作った他の野菜と一緒にすいとんをつくって、みんなで頂きます。ご紹介するのは、そのスタートとなる麦まきの活動です。


  前日から一晩水にひたしておきます。こうしておくと、芽が出やすくなるそうです。  
  年少さんが畑へ出掛けるところ。手をつないで事務室の先生に向かって元気よくあいさつをしてくれます。  

  説明を聞く年中さん。目を先生ときちんと合わせて、話を聞いているのがよく分かりますね。  
  種を先生から手渡しされる年長さん。今回も種が小さいので、砂と種を混ぜて均等にまきやすいようにしてあります。  

  種をまく年少さん。パラパラ均等にまくのは結構難しそうで苦戦していました。  
  土をかぶせるのは何度か経験しているので、上手にできるようになってきました。  

  恒例の最後のお祈り!力が入っています。  
  年長さんもお祈りをしています。願いが届いて、良い小麦ができると良いですね。  


ページトップへ

12月

  麦踏み
『よいしょっ!よいしょっ!
 みんなカニさん歩きだよ』
 

ページトップへ

1月

 

ページトップへ

2月


ページトップへ

3月

                     3月9日 じゃがいも植え 

今年はとても寒く、時折雪がちらつく中行われました。6月の末に収穫して、園児全員で試食を楽しみたいと思います。3月末で卒業する子ども達も7月に行われる卒園児の集いで、収穫・試食をする予定です。


  今回植えたじゃがいもの種いも。写真の種いもは『男爵』、煮物に適した『メイクイーン』も植えました。  
  いつものように『行ってきます』と元気に挨拶をして、畑へ向かう年少さん。並ぶのも入園した頃よりとても早くなりました。  

  種いもを植える位置を確認する年中さん。
畑担当のバスの先生が、子ども達に分かりやすいように一工夫。種いもを置く場所に石灰で印をつけてくれました。
 
  バスの先生から植え方の説明を聞く年長さん。さすが年長さん!一言もしゃべらずに説明を聞いていました。でも、ちょっと寒そう。  

  種いもの観察をする年中さん。腐敗防止のためにつけた石灰や、小さなじゃがいもの芽を見つけて興味津々の様子。  
  土をかぶせる年少さん。入園した頃は土が触れなかった子も、今ではニコニコしながら触れるようになりました。  
  最後にお祈りをする年長さん。今度収穫に来るときには小学生ですね。  
  同じくお祈りをする年少さん。寒い中、よく頑張れました。  
 

種いも植えを終えた年中さんに手を見せてもらいました。
どの子も墨を塗ったように真っ黒!!
土との触れ合いの楽しさが伺われますね。
子ども達どうしで手を見せ合って、とても楽しそうでした。

 
  畑から帰ってきな年少さん。「ただいま」の声に手洗い・うがいをしている年中さんが「お帰りなさい」と出迎えてくれました。
園内が子ども達の元気な声で満たされます。

 

 

ページトップへ