白鳥幼稚園 〒357-0023 埼玉県飯能市岩沢1129 
TEL:042-974-2341 FAX:042-974-2328 

白鳥保育園 〒357-0023 埼玉県飯能市岩沢1129 
TEL・FAX:042-974-5554  
 
top
白鳥幼稚園案内
一日の流れ
年間行事
課外活動
喜びの声
入園のご案内
未就園児教室ナーサリィ
子育て支援
ふぉとあるばむ
New施設紹介
白鳥農園
白鳥保育園

しらとり日記 ナーサリィの1日

 

子育て支援情報

未就園児のお子様をもつお母さんへ

ここをクリック

 

 

お問合せ  keiteki_siratori@ybb.ne.jp

学校法人 恵迪学園 白鳥幼稚園

住 所
T E L
F A X
e-mail
アクセス
〒357-0023 埼玉県飯能市岩沢1129
042ー974ー2341
042ー974ー2328
keiteki_siratori@ybb.ne.jp
西武池袋線 元加治駅より徒歩7分
美杉台・金子地区から車15分
仏子・双柳地区から車10分
<<園バスのコース>>
飯能市方面

入間市方面
(岩沢、阿須、落合、前ヶ貫、美杉台、矢颪、稲荷町、飯能、本町、八幡町、
 東町、緑町、笠縫、川寺、新光、双柳)
(野田、新光、仏子、牛沢町、鍵山、河原町、高倉、豊岡、扇町屋、小谷田)

◆保育時間
9:30〜14:00(一日保育の場合)月〜金曜日
9:30〜11:00(半日保育の場合)

原則として土曜日は休日と致します。

◆給食 
月・火・水の3日間
木・金は家庭からのお弁当です。



◆◇◆◇◆ 園長先生からのメッセージ ◆◇◆◇◆

 いろいろな幼児体験―原体験をたくさん積ませたい

幼児期のいろいろの体験をたくさん積むことがとても大切です。この体験の事を原体験とも言い、この体験を源として、その後の様々な体験が積み重ねられ、広がり、広く深いものになり、感性や知識、智恵となり人間性豊かな人を作ることになろうかと思います。こういう人を育てるためには人間としての基礎基盤、土台、木で言えば根っこの部分を、何度も何度も繰り返し、手足をつかって脳に刻みこむように体得させ、しっかりと育てることが大切です。
子どもたちがこういうようになってもらうためにはいくつかのことを身につけていかねばなりません。
 一つ 体がある程度自由に敏捷に動かすことができることでしょうか。
少子化が進み兄弟も少なく、かつてのように、となり近所にもほとんど子どもが見当たらなくなりました。そのため遊びが少なく、体を動かしていろいろな遊びをすることもできず、歩くこと、走ること、跳ぶことといった子どもとして最も基本的な「動く」ことや、上下の友達とコミュニケーションをとって、いろいろな遊びを覚え行うということもできなくなってしまった子どもが多くなりました。これらをまず、身につけてもらうために、体育遊びー体育ローテーションをしたり、自由遊びや群れ遊びでいろいろな遊びを体得していきます。
 二つ目は、お話を静かに聞ける良い耳を育てることです。
最近の小学校一年生は静かに机に座って授業を受けることができない子が増えています。教室の中を歩き回ったり、廊下に出ていってしまったり、ひどい子は校庭へ行ってしまい学級が崩壊してしまうことも少なくありません。これは幼稚園、保育園で好きなことを自由に好きなだけやってよいという保育を受けた子どもたちに多いようです。さて、静かに、お話を聞ける良い耳を持つためには、立腰をしたり、腹式呼吸したり、音楽日課、文章日課体育ローテーション、いろいろな遊びを通して集中力、持続力、もののけじめ、意欲、我慢強さを育てて行きます。
 三つ目はどんなことにも意欲的に好奇心満々で取組むことができるようにすることです。子どもたちの意欲―やる気を育てるのに一番効果的な方法は、何事に対しても喜んでやっている友達の姿を見せてあげることです。子ども達は、ああなりたい、こうなりたいと常に高い向上心を持って生活しています。このやる気に火をつけてあげることです。「良い集団」を作ることです。「良い集団」は、「良い個」を育てることができます。子どもは好奇心の固まりです。いろいろな出会い―昆虫や動植物、自然現象、人間関係等々を大切にすることです。
そのためには上述した体育ローテーション、日課活動、立腰教育、畑活動を含む野外活動、掃除、料理、絵画製作、酒井式描画法等々があります。
 四つ目は基本的生活習慣―睡眠、食事、排泄、清潔、衣服の着脱、安全、休息等の習慣を体で覚えこんでいくことです。
そして本園で最も大事にしている四つの習得目標です。
 一つ 常に腰骨を立てる
 一つ あいさつは自分から先にする。
 一つ 返事は「ハイ」とはっきりする
 一つ はきものはそろえる、椅子は入れる。
これは著名な教育哲学者である森信三先生が提唱された立腰教育と躾の三原則を合わせて四つの習得目標としたものです。
これこそ人間の基礎基盤土台を作るものです。集団のしつけとして、まず、教師が手本を示していきます。
 以上四つのことを保育者、幼稚園はしっかり身につけられるように環境を整えることが大切です。それには毎日毎日繰り返し―できれば、小さな変化のある繰り返しを行い、何でも小さい事で良い、出来るようにしてあげ、そしてほめ、認め、励ましてあげることによって嫌いなことでも徐々にですが子どもたちは体得していくことができるものです。このようにして、より多くの原体験を白鳥っ子は積み上げて行きます。
本園で特に気をつけていることは人間としての資質等を獲得していく上で最も大切な時期という意味で臨界期と言う言葉があります。感受性、適時期、敏感期とも言いますが、臨界期があるものとして、見る視覚、聞く聴覚、触る触角、嗅ぐ臭覚、飲む、食べる味覚の五感、ことば、運動、音感、美的感覚、コミュニケーション能力、社会性、数の概念等々、躾などがあります。本園では、この臨界期を意識して今育つものは今育てるということをモットーに保育教育を行っていきます。 


理事長・園長
石間戸 宗明

<ページトップへ>